重森三玲の庭

昭和の名作庭家と言われた「重森三玲」は、日本画を学んだ後、前衛いけばな運動を興し、生け花作家を育成。
その後、独学で日本庭園を学びました。
昭和14年に作庭した京都「東福寺八相庭」は、創造性の高さで高い評価を受けました。
三玲が作庭した庭は、力強い石組みとモダンな苔の地割りで構成される枯山水庭園が特徴的で、代表作には、東福寺方丈庭園、光明院庭園、瑞峯院庭園、松尾大社庭園などがあります。
桜下亭の庭と茶室は、先代と意気投合した三玲が手掛けたもので、茶室を「桜下亭」と銘々したのも三玲であり、現在も三玲直筆の表札が残っています。
(重森三玲:明治29年〜昭和50年。岡山県生まれ)



桜下亭 住所:
広島県広島市安佐南区長束西3丁目9-17
電話番号: 082-239-1000 http://www.oukatei.jp/